So-net無料ブログ作成
多汗症手術の副作用 ブログトップ

代償性発汗 [多汗症手術の副作用]


 多汗症の手術の副作用として、最も心配されるのが代償性発汗です。代償性発汗は多汗症の手術を受けた場合、必ず現れる副作用だと考えておいて間違いありません。



 多汗症の手術を受けると、顔や頸部あるいは脇などから出る汗を抑えるのですから、他の部位から汗を出そうとします。いわゆる「汗の引っ越し」という現象が起きるのです。これまで出ていた汗の量がが減ったままでは体温調節が上手くいきませんから、他の部位から出るのは当たり前です。


どこから出るのかというと、背中や胸、大腿部などからたくさん出るようになります。もちろん、個人差があることなので、汗の量や部位も多少違います。ただ、これまで汗かきだと言われていた人の場合は、たくさん出る傾向があるようです。また、季節や手術をしてからの経過年数によって変割るようです。



 逆に言うと、もし代償性発汗がないことの方が問題なのです。何故かと言うと、体温調節のために汗が出るのですから、代償性発汗がなければ体温が上がってしまい、熱中症のような状態になってしまう可能性があるのです。悪くすると死に至ることになるかもしれません。



 つまり、極言すると、多汗症の手術は、手や顔、あるいは上肢から出る汗を他の部位に引越しさせるための手術だということです。なので、汗の量を減らす手術ではないということを理解しておかなければなりません。


 代償性発汗が起きるのが当たり前なのですから、代償性発汗が起きた時の対応までよく考えたうえで、覚悟を決めて多汗症の手術を受けなければなりません。



nice!(1) 

手術の副作用とは? [多汗症手術の副作用]

 多汗症の手術をした場合、副作用が出ることが考えられます。もちろん、手術の種類によって副作用も違いますが、交感神経を遮断する手術を行った場合の副作用について考えてみます。



 手術による副作用といっても2種類あります。まず手術そのものによる副作用があります。それ以外に、交感神経が遮断された事が原因で起きる副作用があるのです。


手術そのものによる直接的な副作用(合併症)として、手術中の出血、傷口からの感染、気胸(肺が十分に脹らまない状態)、血胸(肺に血液がたまる)、腋から腕にかけてのしびれ、麻酔や薬物アレルギーなどによる事故などが考えられます。しかし、これらのことが起きる確率は、これまでの実績から考えても1%にも達していません。


なので、手術そのものによる副作用は、よほど運が悪くない限り、起きる可能性は極めて低いと考えてよさそうです。



 手術中の副作用というのは、ほとんどが手術する病院や医師の質によって決まると考えておいて間違いありません。手術をしてもらう病院や医師を選ぶことが、これらの副作用を防ぐ対策になると思います。病院や医師の評判をよく確かめてから、手術することを決めてくださいね。



 次は、交感神経を遮断したために起こる可能性がある副作用です。これは、代償発汗、味覚性発汗、ホルネル現象(まぶたが重たくなる症状)などたくさんあるので、個別に説明することにします。ここでは、こういうものがあるということを理解しておいてください。




nice!(0) 
多汗症手術の副作用 ブログトップ