So-net無料ブログ作成
検索選択
多汗症の治療法 ブログトップ

多汗症の治療法の種類 [多汗症の治療法]


 多汗症に悩んでいる人は多く、治療方法にもいくつか種類があり、症状に適した方法を選ぶことができます。


多汗症の原因は、別の病気が関わっているケースもある反面、特に原因がない多汗症もあります。原因がない多汗症が、原発性多汗症と呼ばれています。幾つかの多汗症治療がありますが、個々人の体質、実際の症状によって異なります。


塗り薬を塗ることで、症状が緩和するということもあります。毎日、塗り薬を使用し続ける事によって徐々に、多汗症の治療効果が出るといわれています。いずれにしても効果の持続期間は短いので、使用を続ける事が必要になります。


ボトックスという、ボツリヌス菌からつくられる薬剤を患部に注射することで、一定期間多汗症の症状を抑えるという治療方法も、よく行われます。多汗症の症状がひどい場合は、ボトックスの注射にも保険が適用されますので、治療費の負担は軽く済みます。多汗症の治療効果の持続期間は半年前後なので、年に1度か2度の注射でしっかりと汗を抑える事が可能になっています。


場合によっては、多汗症治療用の飲み薬を使います。飲み薬で多汗症の治療をすることは決してファーストチョイスにはなりませんが、注射での治療が難しい場合や、注射の治療効果が乏しい時には、飲み薬が出ることがあります。


最終的には外科的な手術という方法も選択肢にはあります。他の方法で効果が実感できないという時は、多汗症の症状の原因になっている神経を外科的に切ります。レーザーや、マイクロウェーブを活用することで、多汗症の治療手術を行うというやり方も広まりつつあります。




nice!(0) 

皮膚科での多汗症の治療 [多汗症の治療法]


 多汗症とは汗の出る量がとても多い病気で、原因は体質的なことが殆どですが、まれに精神的理由で多汗症になる場合もあります。服に汗じみが目立つようになったり、周囲の人に気づかれるほど汗をかくことが苦痛だという人もいます。


臭いがする汗が分泌されるわけではないですが、こまめに対処しないと細菌の増殖を招き悪臭を発することもあります。皮脂腺から分泌された皮脂が空気に触れると酸化するため臭いが発生するようになる場合もあります。



 多汗症の治療は、皮膚科ではボトックス注射が行われています。ボトックスとは、ボツリヌス菌からつくる薬のことです。このボトックスを注射すると、筋肉の機能を止めることができます。ボトックスを注射することは保険が使えませんので、治療費がかなりかかります。


また、ボトックス注射の効果は2カ月から3カ月程度なので、効果が切れたら再び治療しなければなりません。汗をかいた状態のままでは、体臭がどうしても濃くなりがちですので、日々の入浴をきちんとすることが、ポイントになります。


汗取りパッドを脇の下に挟んだり、風通しのいい服を着るなどの工夫をすることで、汗のにおいを緩和することができるのです。足の裏も汗をたくさんかく場所なので、足の臭いで悩んでいる人も少なくありません。


足の裏の臭いを解消するには、会社に着いたらサンダル履きになって足を涼しい状態にしたり、吸湿性の強い靴下を用いるといいでしょう。


あまり悩み過ぎないことも、臭いへの物理的な対策と同じくらい重要なことだといいます。発汗を気に病みすぎると、緊張や不安から汗の量が増えることもありますし、精神を病んで心療内科にかからなければいけなくなりますので、気にしすぎないことが大事です。




nice!(0) 

脇の多汗症の治療法 [多汗症の治療法]


 汗をたくさんかくという人がいますが、その中でも多汗症に悩まされているという人が少なくありません。


 多汗症の治療には色々なやり方がありますが、脇の多汗症は、どうすればいいでしょうか。

脇の下の多汗症治療に関しては、外用薬を用いるという方法があります。塩化ナトリウムを含む塗り薬で、汗をとめたいところに塗るというものです。


毎日塗り続けることで少しずつ効果が現れてきます。この薬の特徴は持続時間が長いと言うことです。この治療方法は、症状がおさまるようになるまで、しばらく時間がかかるというものです。


それ以外には、患部に注射をするという治療法が存在します。これはボツリヌス療法ともいわれ、ボツリヌス菌が作る天然のタンパク質が有効成分となっている薬を注射器を用いて脇の下に注入していきます。


注射にかかる時間はごく短く、10分程度あれば終わります。この方法では、数ヶ月しか効果が得られませんので、年2回、あるいは夏のみという治療をする人もいます。


症状が重いという場合には、治療の際に健康保険を使うことができるようになっているので安心です。世界各地で実践されている治療方法です。薬液としてのボトックスと、ボツリヌス菌は別なものですから、多汗症の治療で体を害する心配もありません。




nice!(0) 

多汗症手術の注意点 [多汗症の治療法]


多汗症手術に踏み切るのは、他の方法を試みても効果が出なかった時にしてください。それでも、どうしても手術をしなければならないときの注意点を説明しておきます。



 どのようなことに注意しなければならないのか列記します。

1.手術前に医師カウンセリングを受けて、疑問点をすべて解決してください。

2.治療法や後遺症のリスクがあることなどを納得したうえで手術を受けてください。

3.手術後のリスクについて
 多汗症の手術をした後に、患部が腫れることがあります。
 場合によっては、腫れを除去するための手術が必要なこともあるようです。
 色素沈着ができることもあります。
 肌が弱い人や敏感肌の方は、手術によって肌の状態が変わる可能性があります。
 ワキの下が手術後にごつごつしてきたという人もいます。

4.エクササイズについて
 手術した後は、皮膚が固まってしまわないうちに、腕を動かす必要があります。
 どれくらい安静にして、どのようなエクササイズをするのかは医師と相談してください。

5.手術後1週間は細菌感染などを防ぐためにも飲酒を控えてください。



 多汗症の手術は、生涯保障保険制度がある医療機関を利用するようにしてください。そうすれば、治療が終わったことを確認するまで保障があるので安心です。そして信頼できる医療機関と医師を選ぶことです。

nice!(0) 

手術以外の治療法 [多汗症の治療法]


 多汗症で長年の間悩んでいる方は少なくありません。手術してでも治したいと思っている方も多いそうです。しかし、できるならば、手術なんかせずに治したいですよね。手術をせずに多汗症を治すことができるのでしょうか?


 汗をかく量が異常だと感じている方は、まず自分が多汗症かどうかを確認することから始めなければなりません。まずは皮膚科の病院で診察してもらうことです。多汗症だと診断されれば、治療することを考えましょう。


いくらなんでもいきなり手術なんてことにはなりません。手術以外にも様々な治療法があるのです。といっても、どれも多汗症が完治するわけではありません。なぜなら、多汗症の原因は未だ解明されていないので、治療法が確立されていないのです。



手術以外の治療法として、初めにやるのは、脇など汗をよくかくところに塩化アルミニウム液を塗って、汗腺を塞ぐことで汗が出ないようにする方法です。この方法は、脇の下手のひらなど部分的な多汗症の治療に使われます。


次は、イオンフォーレシスという治療法です。汗をよくかく場所に電気を通すことで、汗をかかないようにします。イオンフォーレシンスは2週間くらいかけて、じっくりと行います。効果が出るまでに時間がかかることと継続しないと効果が持続しません。



 その他にも治療法はありますが、先ほど説明したように、これといった治療法がないので、これらの方法をやったうえで、効果がない時に、手術するということになるようです。ただ、手術すれば完全に治るということ手はありません。他の場所からの汗が増えるだけというようなこともあるので、慎重に決めなければなりません。


nice!(0) 
多汗症の治療法 ブログトップ