So-net無料ブログ作成
検索選択

皮膚科での多汗症の治療 [多汗症の治療法]


 多汗症とは汗の出る量がとても多い病気で、原因は体質的なことが殆どですが、まれに精神的理由で多汗症になる場合もあります。服に汗じみが目立つようになったり、周囲の人に気づかれるほど汗をかくことが苦痛だという人もいます。


臭いがする汗が分泌されるわけではないですが、こまめに対処しないと細菌の増殖を招き悪臭を発することもあります。皮脂腺から分泌された皮脂が空気に触れると酸化するため臭いが発生するようになる場合もあります。



 多汗症の治療は、皮膚科ではボトックス注射が行われています。ボトックスとは、ボツリヌス菌からつくる薬のことです。このボトックスを注射すると、筋肉の機能を止めることができます。ボトックスを注射することは保険が使えませんので、治療費がかなりかかります。


また、ボトックス注射の効果は2カ月から3カ月程度なので、効果が切れたら再び治療しなければなりません。汗をかいた状態のままでは、体臭がどうしても濃くなりがちですので、日々の入浴をきちんとすることが、ポイントになります。


汗取りパッドを脇の下に挟んだり、風通しのいい服を着るなどの工夫をすることで、汗のにおいを緩和することができるのです。足の裏も汗をたくさんかく場所なので、足の臭いで悩んでいる人も少なくありません。


足の裏の臭いを解消するには、会社に着いたらサンダル履きになって足を涼しい状態にしたり、吸湿性の強い靴下を用いるといいでしょう。


あまり悩み過ぎないことも、臭いへの物理的な対策と同じくらい重要なことだといいます。発汗を気に病みすぎると、緊張や不安から汗の量が増えることもありますし、精神を病んで心療内科にかからなければいけなくなりますので、気にしすぎないことが大事です。




nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。