So-net無料ブログ作成

手術以外の治療法 [多汗症の治療法]


 多汗症で長年の間悩んでいる方は少なくありません。手術してでも治したいと思っている方も多いそうです。しかし、できるならば、手術なんかせずに治したいですよね。手術をせずに多汗症を治すことができるのでしょうか?


 汗をかく量が異常だと感じている方は、まず自分が多汗症かどうかを確認することから始めなければなりません。まずは皮膚科の病院で診察してもらうことです。多汗症だと診断されれば、治療することを考えましょう。


いくらなんでもいきなり手術なんてことにはなりません。手術以外にも様々な治療法があるのです。といっても、どれも多汗症が完治するわけではありません。なぜなら、多汗症の原因は未だ解明されていないので、治療法が確立されていないのです。



手術以外の治療法として、初めにやるのは、脇など汗をよくかくところに塩化アルミニウム液を塗って、汗腺を塞ぐことで汗が出ないようにする方法です。この方法は、脇の下や手のひらなど部分的な多汗症の治療に使われます。


次は、イオンフォーレシスという治療法です。汗をよくかく場所に電気を通すことで、汗をかかないようにします。イオンフォーレシンスは2週間くらいかけて、じっくりと行います。効果が出るまでに時間がかかることと継続しないと効果が持続しません。



 その他にも治療法はありますが、先ほど説明したように、これといった治療法がないので、これらの方法をやったうえで、効果がない時に、手術するということになるようです。ただ、手術すれば完全に治るということ手はありません。他の場所からの汗が増えるだけというようなこともあるので、慎重に決めなければなりません。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。