So-net無料ブログ作成

多汗症の治療法の種類 [多汗症の治療法]


 多汗症に悩んでいる人は多く、治療方法にもいくつか種類があり、症状に適した方法を選ぶことができます。


多汗症の原因は、別の病気が関わっているケースもある反面、特に原因がない多汗症もあります。原因がない多汗症が、原発性多汗症と呼ばれています。幾つかの多汗症治療がありますが、個々人の体質、実際の症状によって異なります。


塗り薬を塗ることで、症状が緩和するということもあります。毎日、塗り薬を使用し続ける事によって徐々に、多汗症の治療効果が出るといわれています。いずれにしても効果の持続期間は短いので、使用を続ける事が必要になります。


ボトックスという、ボツリヌス菌からつくられる薬剤を患部に注射することで、一定期間多汗症の症状を抑えるという治療方法も、よく行われます。多汗症の症状がひどい場合は、ボトックスの注射にも保険が適用されますので、治療費の負担は軽く済みます。多汗症の治療効果の持続期間は半年前後なので、年に1度か2度の注射でしっかりと汗を抑える事が可能になっています。


場合によっては、多汗症治療用の飲み薬を使います。飲み薬で多汗症の治療をすることは決してファーストチョイスにはなりませんが、注射での治療が難しい場合や、注射の治療効果が乏しい時には、飲み薬が出ることがあります。


最終的には外科的な手術という方法も選択肢にはあります。他の方法で効果が実感できないという時は、多汗症の症状の原因になっている神経を外科的に切ります。レーザーや、マイクロウェーブを活用することで、多汗症の治療手術を行うというやり方も広まりつつあります。




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。