So-net無料ブログ作成

多汗症手術の注意点 [多汗症の治療法]


多汗症の手術に踏み切るのは、他の方法を試みても効果が出なかった時にしてください。それでも、どうしても手術をしなければならないときの注意点を説明しておきます。



 どのようなことに注意しなければならないのか列記します。

1.手術前に医師のカウンセリングを受けて、疑問点をすべて解決してください。

2.治療法や後遺症のリスクがあることなどを納得したうえで手術を受けてください。

3.手術後のリスクについて
 多汗症の手術をした後に、患部が腫れることがあります。
 場合によっては、腫れを除去するための手術が必要なこともあるようです。
 色素沈着ができることもあります。
 肌が弱い人や敏感肌の方は、手術によって肌の状態が変わる可能性があります。
 ワキの下が手術後にごつごつしてきたという人もいます。

4.エクササイズについて
 手術した後は、皮膚が固まってしまわないうちに、腕を動かす必要があります。
 どれくらい安静にして、どのようなエクササイズをするのかは医師と相談してください。

5.手術後1週間は細菌感染などを防ぐためにも飲酒を控えてください。



 多汗症の手術は、生涯保障保険制度がある医療機関を利用するようにしてください。そうすれば、治療が終わったことを確認するまで保障があるので安心です。そして信頼できる医療機関と医師を選ぶことです。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。